オオサカ堂とオランダ屋は関係あるのか?

「オオサカ堂やオランダ屋の医薬品は本物ですか?」とか「ユーアイラッシュでケアプロストを頼んで詐欺にあったのですが、オランダ屋なら安心ですか?」などの質問があがっているオランダ屋ですが、オオサカ堂と運営会社は同じです。扱っている商品もほぼ同じで、入り口のサイトを複数設けているという感じです。1つの入口から販売するよりも複数の入り口から販売したほうが、利益が上がりますよね。そんなわけで、オランダ屋だけでなく、他にも

  • アイエスティー
  • ベストイー
  • JISA
  • うさパラ

など複数運営しているようです。運営会社名は`Roy union`です。オオサカ堂もオランダ屋もその場所(オオサカとかオランダ)に会社があるわけではありませんと訳のわからないことを書いているサイトがありましたが、サイト名や店名は必ずしもその地名に存在しなければならないという決まりはありません、当たり前ですが・・・。先日、所在地確認している方のブログを読みましたが、ペーパーカンパニーのようで、複数の会社の電話応対だけしているだけの貸し事務所のようなところだったようです。一時流行った電話応対付きの貸事務所ですね。そのような会社が運営しているサイト群です。以上です。

 

話は変わりますが、オランダ屋で検索すると千葉にある洋菓子の店がでてきます。その検索結果にまぎれてオランダ屋のサイトやyahoo知恵袋のオランダ屋に関する質問が掲載されています。洋菓子のオランダ屋さんも迷惑なのでは?ないでしょうか。

 

余談ですが、うさパラはペット用の医薬品通販専門サイトです。ペットも病気になってしまい動物病院での高額な医療費が家計を圧迫してしまったりすることも有るでしょう。少しでも医療費を削減したくて、同じ薬またはジェネリックの医薬品を探して海外から輸入代行で仕入れることが出来れば、少しは負担が減らせるかもしれません。

 

消費者にとっては死活問題で、残念ながらペットよりも家族を優先して生きていかなければなりませんから、ペットの医療費が高額になってしまうと、病院へ通うことが続けられない状態になりかねません。もしかして、その個人輸入で手に入れたペットの医薬品で副作用がおこってしまうかもしれません。

 

かといって高額な動物病院への健診へは行けないので手放しになってしまうというジレンマに陥ってしまいます。難しい問題ですよね・・・個人輸入代行、特に医薬品などの場合は厚生労働省も後押ししているレジットスクリプトが見張っていて、運営元の会社に圧力をかけてドメイン凍結を迫ったりしています。

 

Roy Unionが運営するオオサカ堂も2度程ドメイン凍結に遭い、そのたびに新しいドメインでサイトを復活させています。また、別の方法でカード決済を止めたりもしています。そんな、イタチごっこが続いている個人輸入代行業界、ドメインを止めるなどの陰湿な方法でなく、正しい運営方法の指導をしたらどうですか?きちんと検査が通った薬であれば、個人輸入してもいいんじゃないですかね?

 

話がそれましたが、ちょっと不快な話題でした。