オオサカ堂のジェネリック医薬品

オオサカ堂でジェネリック医薬品を比較してみた

ジェネリック医薬品とは?

 


先発医薬品の特許が切れてから、

別の製薬会社により製造販売される医薬品で、先発医薬品と同じ有効成分を同一量含み、効能・効果は原則的に同じです。

 

 

先発医薬品には、開発するための費用が含まれているため、販売価格が高めになるのも止むをえません。その点ジェネリック医薬品の場合、開発費がかからないのでその分の費用を除いた設定価格での販売となり、比較的安く購入が可能です。

 

同じ効果の医薬品が、格安で購入できるのは、我々患者にとっては非常にありがたい医薬品です。

 

処方箋薬局で薬を買う場合、『ジェネリックでお願いします』と申し出て頼んでください。黙っていると、通常の先発医薬品を渡されますので・・・

 

先発医薬品だけで、ジェネリックのまだ出ていない医薬品もあります。

 

すべての医薬品を低価格で購入できるとは限りませんが、できることなら同じ成分量で同じ効果のある割安のジェネリック医薬品を選びたいものです。

 

先発医薬品の特許期間は、医薬品それぞれで違っています。日本の場合は、およそ10年が多いようです。

 

対するアメリカなどは、14年以上の物が多く、日本とは状況が随分違っています。

 

日本国内のED医薬品でジェネリックのバイアグラ(シルデナフィル)は厚生労働省の承認を受けていますが、レビトラ・シアリスのジェネリック医薬品は承認をまだ得ていません。

 

また、輸入による海外で承認されている医薬品でも、日本では承認されていません。

 

先発品とジェネリックを比較してみる!

 


 

先発医薬品バイアグラ ジェネリックバイアグラ


バイアグラ ¥5.610-


カマグラゴールド ¥1.068-


日本製ジェネリック


日本製ジェネリック

 

 

先発医薬品シアリス ジェンリックシアリス


シアリス ¥6.253-


タダシップ ¥1.112-

 

このように、先発医薬品と後発のジェネリック医薬品では値段に格段の差があります。

 

前述しましたが、開発のために膨大な研究費がかかっている先発医薬品に比べ、ジェネリック医薬品には製造費しかかかっていません。

 

どうしても商品単価に差が出てしまうのも、無理はありません。

 

まとめ

先発医薬品と後発医薬品の価格の違い、理由がお分かりいただけたでしょうか。

 

とはいえ、ジェネリックはまったく同じ配合の成分で作られているわけではありません。

 

有効成分の配合分量がほぼ同じであるだけで、ほぼ同等の効果が認められているだけなのです。

 

ですから、まったく同じ効き目ではなく ほぼ同等ということでした。

 

ご参考の上、先発にするか後発にするか決めるとよいでしょう。

このページの先頭へ戻る