保険適用外の医薬品を安くする方法

高い保険適用外の薬を安くしたい

 

 

毎月の薬が高いと思っている方、多いと思います。
それはなぜかと言うと保険がきかない、保険適用外の薬だからです。

 

今回はそんな方に向け、安くする方法を紹介いたします。

 

 

 

日本では保険適用外の薬でも、海外では市販されている場合が多いです。
海外を訪れているときに、ドラッグストアに立ち寄り薬を買うと驚くほど安いです。

 

 

結論|保険適用外の薬を安くするには

 

保険適用外の薬を安くする、結論としては個人輸入で仕入れると安くできます。

 

 

しかし、個人で海外から輸入するのは手続きが面倒です。時間もかかりますし、海外とのやり取りで外国語も必要になってきます。

 

 

又、関税などの専門的な知識も若干必要になってきます。

 

 

『個人で輸入なんて、無理』と思ってしまいます。

 

 

\ご安心下さい/ 面倒な手続きもなく、個人輸入を代行してくれるサイトがありますのでご紹介します。

 

 

 

23年間の運営で、有名な老舗サイト【オオサカ堂】です。

 

 

個人輸入の代行サイトと言っても、やり方はすごく簡単です。

 

サイトを訪れ、ほしい薬を検索します。そこに欲しい商品があればクリックしてください。あとは通常の通販サイトと同じやり方です。

 

 

表示金額は税込みです、日によって換金レートが違うので若干値段が変動します。

 

また、表示金額には送料も含まれています、なので全国送料が無料なのです。

 

整理すると、表示されている金額が掛かるすべての金額ということです。このほかに一切かかりません、驚きの安さです。

 

例|【マーベロン28】一か月分の金額

日本国内の金額¥2.800 +¥2.000(診察料、消費税、送料などが掛かります)
オオサカ堂の金額¥1.221(診察料なし、消費税、送料込み)

 

他にも、男性向けのED薬やAGA薬、禁煙補助薬など日本だと高額な医薬品が、海外の金額で手に入り非常に安くお得です。

 

 

私の月々の医薬品代

私の場合、AGAの専門治療院で診察を受け、AGA治療薬を処方してもらっていました。

 

毎月、¥30.000以上の費用がかかっていましたので、3か月で挫折することになりました。

 

その後ネットで調べた結果、ネットで薬を入手できることを知り現在までネットでの入手を続けています。

 

 

更に安くしたい方は同じ成分のジェネリック品がお薦めです。私はプロペシアのジェネリック品フィナロイド+ミノキシジル5%含有ロゲインのジェネリック品カークランドを使用しています。

 

 

このようにして、毎月¥30.000以上掛かっていたAGA治療薬の費用が、月¥5.443で済むようになり大変助かっています。

 

知らなければ毎月高額な治療代が掛かっていたと思うと恐怖です。保険適用外の治療は自由診療なので、値段は自由に付けられ以上に高額になってしまいます。

 

 

まとめ

保険適用外の医薬品を安くする方法を解説してきました。

 

命にかかわらないとはいえ、本人にとっては深刻な悩みが多い症状なのに保険適用外になる事があります。

 

そうなると、高額な治療費と医薬品代がかかってしまします。そんな時はネットで入手するのも一つの方法です。

 

初回は、専門の医療機関で診察してもらい、医薬品についても良く話しを聞いて情報を入手しましょう。

 

そのうえで、医薬品代が高額になってしまい負担が大ききなるようでしたら、ぜひネットでの個人輸入通販を検討してみて下さい。

 

 

個人輸入老舗サイト【オオサカ堂(公式サイト)】