育毛の救世主現る!アボダート

 

私の育毛史はそれなりに長く、今までミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドと
使用経験がありますが、現在使用しているのがデュスタステリドです。
なぜなら、デュタステリドが一番私に合っていたからです。

 

 

デュタステリドといえば、「アボルブ」が本家。
その後幾つかのジェネリックがでましたが、
私が最近使用し始めているのが、「アボダート」です。

 

 

そしてこれからも私の育毛戦士としての活躍を支えてくれるのは
アボダートであると思います。

 

 

>>アボダートの詳細はこちら

 

 

 

なぜ、アボダートなのか?

 

さて、ここでアボダートの使用にいたるまでの
経緯なんかも話していきたいと思います。

 

 

どんな治療薬であれ、重要なのは効果はもちろん、もう一つは副作用の有無。
効果があって、副作用が少ないということが最も重要です。
そして私にとって効果も副作用の少なさも備えていたのがデュタステリドでした。

 

 

育毛を始めた頃、まずミノキシジルを含むローションから始め、
その後ミノキシジルとフィナステリド含有のフィンペシアを使用するようになりました。

 

 

フィンペシアを使用開始してからT年が過ぎた頃にはかなりの効果が実感できていました。
このままそのUつの使用を続けていこうと思っていましたが・・・・・・・・
デュタステリド含有のアボルブがメチャクチャ気になっていたので、アボルブを試すことにしました。

 

 

アボルブの有効成分・デュタステリドの特徴は同胞の方なら
すでに知っている方もいると思いますが、T型もU型も阻害するというところ。

 

 

 

少し詳しく説明すると、AGA(男性型脱毛)の原因となるジヒドテストステロン(DHT)の生成に関与する5α還元酵素の働きを抑制することが育毛では重要となります。そして5α還元酵素にはT型とU型があり、U型のみを抑制するのがフィナステリドで、T型もU型も抑制するのが、デュタステリドということになります。

 

 

そして、デュタステリドには、もう一つ大きな特徴があり、性機能障害に関する副作用が少ないというところ。

 

 

実際にアボルブを使用して感じたことは、今まで以上に効果を感じることができ、
精力減退などの副作用をあまり感じないということでした
そして、ここ最近から使い始めているのが前述したとおり
アボルブのジェネリックであるアボダート。ジェネリックなので価格が安く、
効果も同じなので、当然アボダートを愛用するようになったのです。

 

 

育毛戦士にとって不可欠な第3の要素とは?

 

育毛、発毛のために重要なのは効果や副作用の有無もそうですが、やはり価格というのも第3の要素として重要となります。
なにせ継続して使用していかなくてはならないので。

 

 

それとなんといっても育毛の治療薬は色々とあり、それぞれ自身に合った治療薬で育毛をしていくことが重要です!
さあベテランの育毛戦士の方、これからも皆で一緒に戦っていきましょう!!!

 

 

>>アボダートの詳細はこちら